介護リフォームは、要介護者が自宅を安全な環境を整えるための改修工事のことです。滑り止め工事も介護保険の適用を検討することが可能です。介護保険を利用すると上限20万円までの工事に対して補助金が支給され、これを介護保険制度では「住宅改修費」と呼びます。

◎申請と工事の流れ

・介護認定を受ける

・ケアマネジャーに相談

施工業者との契約

市区町村に申請書類の一部を提出

・住宅改修費支給申請書
・住宅改修理由書
・工事見積書・工事図面
・改修前の状況が確認できる写真など

施工・完成

施工業者に工事費の支払い

市区町村に支給申請書類を提出

・改修前後の状態の分かる図面や写真
・領収書
・工事費の内訳書
・住宅の所有者の承諾書(所有者が異なる場合のみ)

「住宅改修費」の支給

介護保険が適用できるかは施工現場のある各市区町村の判断によりますので必ず確認してください。また施工の前に必ず市区町村に事前申請することを忘れないでください。

※参考:LIFULL介護